アスフィール株式会社RECRUIT SITE

pic Interview #02

自分の成長が会社の成長へとダイレクトにつながる会社です。

渡邊 なぎさ

地域総合職・課長2012年入社

私は、営業統括として各商品の方針策定や、チーム編成、メンバーへの担当割り振りなどを行っています。会社の目指す方向性を、現場に落とし込むことを意識しながら、社内への情報発信も積極的に行なっています。また、EC(通販事業)サイトの構築を担当した経験があるため、EC統括も兼任しています。

pic

自分の特性を活かせる会社を希望
新卒採用の第一号に

アスフィールに入社を決めたのは、ここでなら自分の考えすぎてしまう性質がうまく活かせると感じたためです。就活時の自己分析では、考えすぎて行動に移すまでに時間がかかる自分の傾向を、短所だと思い込んでいました。そんなときに、アスフィールの会社説明会で、社長が「考えることが利益だ」と話すのを聞いたんです。「もしかしたら、この会社の仕事は自分に向いているかもしれない!」そう直感したのをよく覚えています。
それから、アスフィールの事業のあり方にも共感しました。「あえて学校市場に限定することで優位性を持って事業展開できる」「自分が一位を取れる競技を自ら作り出す」と話す社長はまさに言行一致で、信頼できると思ったのです。

私が入社した2012年は、アスフィールが新卒採用を開始した年でした。なので、私は記念すべき新卒採用・第一号での入社となります。初の新卒入社だったので、入社当時の教育体制は万全とは言えませんでしたが、周りの先輩方が全員でサポートする姿勢で接してくれたので、安心して社会人生活をスタートできました。現在は新人の習熟レベルに合わせて、段階的に仕事を任せる体制に整えられています。入社当時は一気に仕事を任せられることも多かったですが、私にとってはそのおかげで早く成長できたと思っています。

営業統括から課長職へ
女性も活躍できる職場に感謝

入社一年目は担当校への営業や商品の受発注など、基礎的な業務を一通り行い、二年目からはバッグカテゴリの商品担当になりました。その後、新人教育を任されたり、記念品のECサイト運営が加わったりと、少しずつ業務の幅が広がっていきましたね。その流れで2年ほど前から営業統括になり、昨年課長職に就きました。
アスフィールを「女性の働きやすさ」という観点で客観的に見ると、とても働きやすい環境だと思っています。社員の比率も女性が7割と多くなっていますし、女性だから補佐的な仕事があるというわけでもありません。就職活動のときに、長く働くことができて、キャリアアップができそうな環境を希望していたので、自分の目は間違っていなかったと思っています。私が入社したときからすでに働きやすい会社でしたが、今はもっと制度的な面や体制的な面でも整ってきているので、性別にかかわらず、やる気がある人にとっては働きやすい職場だと思っています。そういう環境で働けることに、日々感謝しています。

pic

中核を担う人材として
会社の成長に携わりたい
これからも必要とされる存在に

私はよく、会社で自分がどんな存在でいたいかを考えるんです。この会社にいると、常にもっともっと自分自身を成長させたいという成長意欲が湧いてきます。忙しい日々の中でも前向きに仕事に取り組むことができるので、自分の人生にとって仕事がとても大切なものになっています。だからこそ、これからもこの会社で働き続けたい、これからも必要とされる存在でありたい。今自分にできることは、会社の成長となるような仕事を、中核者として担っていくことだと思っています。

今までは目の前の仕事へがむしゃらに取り組んできたのですが、統括業務をするようになってから、グンと視野が広がり、視座が高まったと実感しています。それでも、まだまだだなぁ、と落ち込むことも結構ありますね。つい現場の状況から方針を立ててしまったりすると、社長から「会社の目指す方向から考えてほしい」とフィードバックを受けたり。それから、課長職になると、社外の方から会社の代表として見られるため、かなり色々な知識が求められるのを痛感しています。もう入社して12年目ですし、会社の名に恥じぬように、さらに成長していきたいですね。アスフィールは社員数がそこまで多くないので、自分の努力や成長が、会社の成長にダイレクトにつながっているのを実感しやすい環境です。これは働くうえで大きな喜びだと思います。そんな環境を望む方と、ぜひ一緒に働きたいと思っています。

キャリアステップ・Career Step

  • 入社1年目

    入社後、本社企画営業部へ配属。学校への営業を担当。

  • 入社2年目

    バッグカテゴリを担当。

  • 入社3年目

    バッグカテゴリ担当、新人教育、記念品サイト運営を行う。

  • 入社4年目

    バッグカテゴリ担当、新人教育、カタログ統括を行う。

  • 入社5〜6年目

    記念品の統括業務を担当。

  • 入社7年目

    記念品統括、EC統括として記念品サイトの再構築を行う。

  • 入社8年目〜

    記念品統括、EC統括、営業統括を行う。