アスフィール株式会社 RECRUIT SITE

コーポレートサイト

HOME 社風を知るワークライフバランス(産休育休制度・テレワーク制度の活用) |

社風を知る【産休育休制度・テレワーク制度の活用】

本間真知子 本間真知子
一般職

企画営業1課入社9年目

本間 真知子(35)

Machiko Honma

※2011年8月より産休および育休取得
2012年10月に一般職として職場復帰
2013年11月より産休および育休取得
2014年10月に一般職として職場復帰
2016年12月より産休および育休取得
2018年4月に一般職として職場復帰

■産休育休前後で会社が変わっていた点は?
東京支店の開設、ECサイト・カタログ紙面向上、システム改善、新規事業の立ち上げ等、1年余りの変化は多岐にわたっていました。職場環境では、育児、介護を両立しながら働く社員、テレワークや育休中の社員が増え、それに合わせて会社のサポート体制も更に強固なものになっていました。個人個人が業務の幅を一層広げて会社と共に成長しており、人材を大切にする職場であると改めて感じました。
■復帰後に心配だったこと、またそれは解消されたか?
画像01前進し続ける会社の戦力となれるのか、仕事も家庭も中途半端になるのではないかと心配していましたが、「より長く働けるようライフステージに合わせた勤務を」という会社の方針に支えられ復帰することができました。復帰後には、急な遅刻早退が多々ありますが、その度に周囲の方々に抱えている案件を引き継いで頂いています。また、これまで以上にお客様の立場になってコミュニケーションを取り、限られた時間の中で業務を遂行できるよう心がけています。
■仕事と育児の両立について
画像02 勤務時間や業務内容等、仕事と育児を両立しやすいように様々な面から配慮して頂いています。具体的には、17時までの短時間勤務で、主にスケジュール調整のしやすい業務を任され、夕方以降の新規案件を担当しないようにして頂いています。また、学校行事や長期休暇の際には、優先的に有休申請をすることが可能です。会社の理解や社員の協力のもと、希望するワークライフバランスを実現できることに日々感謝しています。
奈良 美香 奈良 美香
地域総合職

企画営業6課入社4年目

奈良 美香(26)

Mika Nara

※2015年4月に入社。山梨本社にて勤務。
2018年6月に結婚を機にテレワーク開始。
現在は浜松の自宅にて本社勤務時同様、営業、
受発注、企画等に携わっている。

■テレワークを希望したきっかけ
結婚に伴う転居により山梨本社での勤務が困難になってしまい、仕事を続けることは難しく、退職するしかないと考えていたところに社長からテレワークを提案頂いたことがきっかけです。ライフステージの変化のために仕事を諦めるのではなく、今まで積み上げてきた経験やスキルを活かして仕事を続けられるというのはとても魅力的で、その機会と環境を与えてくれた会社にはとても感謝しています。
■導入前後で感じたことは?
画像01 自宅勤務スペース
テレワークを始め、職場環境が変化したことで会社を客観的に見る機会が増えました。その中で、改めて新規事業の展開や問題解決へ向けた取り組みの速さなど会社全体のスピード感を実感しました。また、当社では私がテレワーク第一号のため、何もかもが手探りの状態からスタートしました。導入前後でいくつも不安はありましたが、「社員が働きやすい環境を目指す」という会社の方針のもと、ミーティングを重ね、試行錯誤を繰り返しながら最適な働き方を確立していくなど会社の強固なサポート体制によって支えられていることを感じています。
■テレワークの今後の可能性について
画像02 本社社員デスク
ライフスタイルに合わせて働き方を柔軟に変化させられるというのは、社員にとっては仕事を長く続けられ、さらなるスキルアップができるというメリットがあります。また、会社にとってはスキルを積んだ人材の流出防止というメリットもあります。このような多様な働き方やテレワークで得られる新たな視点は会社のさらなる成長や発展をもたらすのではないかと思います。