アスフィール株式会社 RECRUIT SITE

コーポレートサイト

HOME 社風を知るワークライフバランス |

社風を知るワークライフバランス

本間真知子 本間真知子
  • 2011年8月より産休および育休取得
  • 2012年10月に一般職として職場復帰
  • 2013年11月より産休および育休取得
  • 2014年10月に一般職として職場復帰
  • 2016年12月より産休および育休取得
  • 2018年4月に一般職として職場復帰

企画営業1課 一般職/主任

本間 真知子

Machiko Honma
入社10年目 [36]

産休育休前後で
会社が変わっていた点は?

東京支店の開設、ECサイト・カタログ紙面向上、システム改善、新規事業の立ち上げ等、1年余りの変化は多岐にわたっていました。職場環境では、育児、介護を両立しながら働く社員や育休中の社員が増え、それに合わせて会社のサポート体制も更に強固なものになっていました。個人個人が業務の幅を一層広げて会社と共に成長しており、人材を大切にする職場であると改めて感じました。

復帰後に心配だったこと、またそれは解消されたか?

前進し続ける会社の戦力となれるのか、仕事も家庭も中途半端になるのではないかと心配していましたが、「より長く働けるようライフステージに合わせた勤務を」という会社の方針に支えられ復帰することができました。
復帰後には、急な遅刻早退で周囲の方に抱えている案件を引き継いで頂くこともありますが、仕掛中の案件は誰が見ても把握できるシステムが構築されています。その為、不在時の社員のフォローを全社員で対応しています。対応頂く方々の負担を減らせるよう、仕掛状況をシステムに残し、限られた時間の中で業務を遂行できるよう心がけています。

復帰後に感じたことや問題点

以前に働いていたとはいえ約1年のブランクがあれば、すぐに100%の仕事をこなすことはできません。加えて、変化の多い職場の為、休暇前とどのように変わったのかを自分と同じ目線で気付いて貰えることはありません。従来の方法に固執することなく、自ら適応していく姿勢が重要だと思いました。また、役職に関わらず気付いた事は声を掛け合い、疑問点は誰にでも相談できる社風の為、3度も復帰できたのだと思います。

仕事と育児の両立について

本間真知子 勤務時間や業務内容等、仕事と育児を両立しやすいように様々な面から配慮して頂いています。具体的には、16時半までの短時間勤務で、主にスケジュール調整のしやすい業務を任され、夕方の新規案件や当番業務を担当しないように調整して頂いています。また、有給休暇取得を推奨する会社の働きかけのおかげで、子どもの看病だけでなく、行事等でも休暇申請が取りやすい環境です。会社の理解や社員の協力のもと、希望するワークライフバランスを実現できることに日々感謝しています。