アスフィール株式会社 RECRUIT SITE

コーポレートサイト

HOME メッセージキーパーソンが考えるASFEELの将来像 |

キーパーソンが考えるASFEELの将来像

キーパーソンが考えるASFEELの将来像

総合職企画営業4課/課長濱野 和洋(36)Kazuhiro Hamano

濱野和洋私たちの既存事業は非常にユニークなビジネスだと思います。
取り扱っている商品や加工方法が多岐に亘る上に、需要の季節性が非常に高いという特徴があります。そして、それを支えてくれる協力会社は全国に分散しています。
複雑なオペレーションを実行できるシステム力がなければ成立しないビジネスですが、より重要なことは協力会社との信頼関係だと感じます。信頼できる多くの協力会社とシステムで緊密に結びついているからこそ、私たちのビジネスが成立していると考えています。ITは進化が非常に早く且つ競争優位の前提条件を根底から変えてしまうような影響力を持っています。トレンドを正確に把握しながら何を社内で行い、何を協力会社に任せるかを常に考えながら業務を進めています。
私たちが立ち上げを目指す新規事業は学校向けのサービスやサポートがキーワードとなっています。新しい分野においても信頼をベースにしたオープンイノベーションを推進してゆきたいと考えています。

総合職企画営業3課/次長萩原 信易(47)Nobuyasu Hagihara

萩原信易私は営業全般を統括をするとともに、自身でも営業の最前線に立っています。併せて担当カテゴリーの新商品の開発も担っています。私たちの営業ではアスフィールの優れた商品やサービスについて、お客様に正確に伝えるとともに、学校の現場での新しいニーズをつかむことが大きなテーマになっています。
営業と商品開発の両方に関わることで、既存商品にもまだまだ改善の余地があること、そしてそれを実現できるのも私たちであることを実感しています。
今後はその先の新規ビジネスの展開を見据えつつ、私たちの大きな強みの一つであるダイレクトなマーケティング力を強化して行きたいと思っています。また、もう一つの強みであるメンバーのマルチタスクを前提にした事業スタイルの特性を十二分に発揮し、さらに強く独自性の高い商品、サービスの開発をしてゆきたいと考えています。私の最大のミッションは既存ビジネスの強化と新規事業の開発、この2つをハーモナイズすることだと考えています。

総合職企画営業1課/主任濵中 菜摘(27)Natsumi Hamanaka

濵中菜摘私は社内の業務改善リーダーおよび毎年行われるイノベーションアイデアコンテストにおける提案内容の評価・表彰を担当しています。このような会社全体にとって有益な業務改善を推進していけるのも、私自身が営業活動・受発注業務・企画業務等をマルチタスクで行う中で身に付けた多角的視点があるからこそだと感じています。入社したての社員の方はアスフィールの業務改善スピードの速さに驚かれることが多いようですが、やがて当たり前の日常的なことだと感じるようになります。今後はより創造的なイノベーションや新規のビジネスアイデアの提案が増える仕掛けを考えてゆきたいと思っています。私は現在もう一つ大きなプロジェクトに関わっています。東京支店の立ち上げです。東京には顧客や取引先が集中しており、人材確保の面でも優位性が高い為、支店の開設は時間の問題でした。アスフィールとしても大きなチャレンジですが、私のキャリアの面でも大きなチャンスだと感じています。本社と円滑なコミュニケーションが取れる環境や、支店の教育力向上など様々な課題に挑戦したいと考えています。

地域総合職企画営業3課/係長桐原 里実(33)Satomi Kirihara

桐原里実私は営業面では担当校を持ち、主に電話を通じてお客様とコミュニケーションを取っています。また、企画業務では箸・ランチグッズのカテゴリを担当しながら、カタログやECサイト(ネット)などのマーケティング全般について統括する役割を担っています。このポジションでは戦略・ビジョンという、より本質的なテーマにさかのぼり考えることが要求されます。このことは自身のキャリアアップの面から非常に重要なチャレンジだと考えています。個人的にはアスフィールの強みは風通しのよいコミュニケーションだと思っています。
女性が多い職場ですので、時短・テレワークといった多様な働き方のできる組織を目指して改革が進められています。このような社風なので女性の立場から様々な意見・提案を発信することができます。結婚、出産という大きなイベントを乗り越えて、女性社員も様々な可能性を追求できる企業として成長して行くことがアスフィールの大きなテーマの一つとなっていると感じます。

下画像