アスフィール株式会社 RECRUIT SITE

コーポレートサイト

HOME 社員と仕事を知る【総合職/社会人7年目】関根 寛彦 |

社員と仕事を知る【総合職/社会人7年目】関根 寛彦

関根 寛彦
2013年4月
食品宅配会社に消費者対応担当として新卒入社
2015年6月
酒類メーカーに営業職として転職
2018年1月
当社へ中途入社

企画営業1課 総合職

関根 寛彦

Hirohiko Sekine
社会人7年目 [29]
東京支店勤務

現在の業務内容

1)営業および受発注業務
営業シーズン(3月~7月、9月~11月)は担当エリアへの訪問営業を行う。
2)企画業務
オープンキャンパスカタログにおけるメモ・ノート・ふせんカテゴリを担当。カタログ紙面を作成。
3)新人教育
東京支店で入社1年目の社員に対して、営業や受発注業務全般の指導を行う。

アスフィールの強み

関根 寛彦 会社の事業に対して、社員全員が強い責任感を持って取り組んでいます。アスフィールの場合、全社員が自分の担当校を持ち、営業から受注後の商品手配まで行います。またほとんどの社員が営業活動と並行して、商品企画や新人教育など、会社の基幹的な業務を任されています。営業部、商品開発部といった明確な区分がないからこそ、自分の手元の業務に固執することなく、会社全体の状況を見てその時々に必要な行動を取ることが求められます。入社直後は驚きましたが、今は非常に効率的な組織の形だと思います。
また日々の朝礼や定期的な社員総会等で、会社の業績や現状、目的や方向性が頻繁に共有されます。その状況や方向性を各自が理解し、取るべき行動を自分で判断して業務に取り組むことが求められます。もちろん必要に応じて上司や他の社員に確認や相談をしながら進めますが、個々人が前提を共有できているので、物事を進めるスピードや判断が非常に速いです。
企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、変化に迅速かつ柔軟に対応できる組織であること、さらにその上で本質的な目的や方向性を軸として、常に全社で同じ方向を向いて活動できることがアスフィールの最大の強みだと思います。

応募者へのメッセージ
私はアスフィールに入社してから、自分が今までどれだけ頭を使わずに「作業」をしてしまっていたかを痛感しました。常に自分で考えて行動しなければならない責任と、それに伴う大変さはあります。しかし、自分の取り組みが会社の成長や、社会のニーズに繋がることを実感できることが私にとって大きなモチベーションになっています。また知識やスキルではなく、本質的な考え方を重要視されるので、今身に付けていることが今後様々な局面で役に立つと実感できています。自ら考えて「仕事」をしたい方とぜひ一緒に働きたいと思います。