アスフィール株式会社 RECRUIT SITE

コーポレートサイト

HOME 社風を知る座談会 |

社風を知る-座談会【新卒入社&中途入社】

教育担当者

総合職/課長代理

鈴木 渉

Wataru Suzuki

2011年中途入社

山梨本社勤務

教育担当者

総合職

興津 拓

Taku Okitsu

2016年新卒入社

山梨本社勤務

教育担当者

地域総合職

中山 綾香

Ayaka Nakayama

2012年新卒入社

山梨本社勤務

新入社員

総合職

原田 京佳

Kyoka Harada

2018年新卒入社

山梨本社勤務

新入社員

地域総合職

小泉 佳野子

Kanoko Koizumi

2018年中途入社

東京支店勤務

■アスフィールを志望した理由は?

ha原田 原田:私はマルチタスクという働き方に魅力を感じました。決められた業務だけではなく幅広い業務に、年次や役職に関係なく早い段階から携われると知り、自分自身の成長に繋がると思い志望しました。

小泉:前職では自分が組織の中で機能している実感が持てないという事に疑問を感じ、転職を決意しました。アスフィールの選考過程では、採用担当者とは別に先輩社員の話を聞く機会を頂きました。一人ひとりが主体性を持って、会社をより良くするために目標を明確に持って仕事をしていることを感じ、このような環境であれば成長できると思い、志望しました。

■仕事を始めてみて大変だったことは?

小泉:入社してすぐに迎えたプリントウエアの繁忙期です。繁忙期に入る前に、本社へ出張したり、本社の先輩社員に支店に来て頂き、プリントウェアの受発注業務について教育をして頂きました。基本的な業務は習熟できましたが、繁忙期に入ると、注文の量の多さに始めは処理が追いつきませんでした。隣の席にいる教育担当の先輩だけでなく、本社にいる先輩からも、多くのアドバイスを頂いて乗り越えられた時には、受発注業務について自信がつきました。

原田:私も同様でした。繁忙期には、Tシャツの受発注業務だけで手一杯になってしまいました。そんな私の状況を見て、周囲の先輩たちが、仕事の配分について調整をして下さり、受発注業務や営業など複数の業務をどのようなペースで進めていけばいいかなど具体的にご指導下さいました。今では計画的に業務を進めることができています。

中山:アスフィールでは、全社員の仕事の内容と進捗状況を社内システムで管理し、社員全員が閲覧できます。本社と支店の区別なく、2人の仕事の状況をリアルタイムに把握できていたので、周囲がサポートしやすかったです。

■指導を受ける中で印象に残っているアドバイスは?

小泉 原田:先輩からは「本質から理解して仕事をするように」とアドバイスを頂きました。それは形式として覚えるのではなく、なぜそうするのかという理由や背景まで考えるようにしないとただの作業になってしまうということです。それ以来、「本質から理解する」ということを日々心掛けています。

小泉:定期的にフィードバックの場があり、そこでは私個人に対して、先輩たちが仕事の進め方について様々なアドバイスを下さいます。自分のことはなかなか客観視できないので、自分では見えない課題をフィードバックしてもらい、気づきを得ることができます。このような教育体制は、前職にはありませんでしたので、成長に繋がる有意義なものだと感じています。

■教育担当として気をつけていることは?

中山 中山:先程原田さんからもあったように、アスフィールでは業務のやり方を教えるだけでなく「なぜそうするのか」と問い、考える力を育みます。ただ模範解答を教えるのではなく、背景や考え方をきちんと理解してもらえるよう指導にあたっています。

興津:私もそうでしたが新人の頃は、仕事の内容や進め方など、分からないことだらけでした。早く仕事を理解したいと思うあまり、先輩に答えを求めがちですが、焦らずにあえて自分で考えさせるように指導することも大切だと思っています。

鈴木:アスフィールでは、多くの協力企業の力を借りて業務を行っています。その中で自分自身の業務が社内外の人やシステムとどのように繋がっているのかを意識するよう指導しています。そういった具体的なイメージを持つことで、仕事に広がりや深みが生まれてくると考えています。

■本社⇔支店での教育体制は?

鈴木:アスフィールは、2017年11月に東京支店を開設しました。本社でも支店でも、業務を同じレベルでできるよう、社内で意見を出し合い、議論しながら環境を構築しています。

長澤 興津:その1つとしてテレビ会議システムを導入しました。それにより山梨本社と東京支店は、常にテレビでお互いの状況を確認することができます。毎日の朝礼もこのシステムを利用し実施されており、日々のミーティングについても本社・支店の垣根を越えて活発に行われています。山梨・東京と距離は離れていますが、一体感を持って仕事ができる環境を整えています。

小泉:そのような環境下でも、本社の雰囲気が掴めない部分もあったので、定期的に本社に行き、仕事の様子を見て学ぶ機会を頂きました。本社で培われたチームワークと効率性が理解できたので、支店でも同じように仕事ができるように取り組んでいます。

中山:現在も、小泉さんに月に1回程度本社に来てもらい、その時期にしか分からない雰囲気やスピード感を学んでもらっています。社内システムをフル活用して、本社でも支店でも同じ指導ができる体制を整えています。距離があるからこそ、意識的にコミュニケーションを密にすることを心掛けています。

■どのように成長して欲しいか?

興津:私が新人の頃と比べると、社員数も増えているので、より深くじっくりと仕事ができる環境が整ってきたと思います。自ら問題点を見つけて、行動し、発信できる人材に育って欲しいですね。

鈴木 中山:まずは、ルーティン業務を覚えて、自分の仕事を管理する能力を身に付けてほしいです。そして、「現状に満足せず常に成長する」という、アスフィールの社風を、行動で示し、次の新入社員に伝えていける存在になってほしいです。

鈴木:どんな人にも得手不得手があります。得意な部分は積極的に活かし、苦手な部分は自分で認識する。苦手分野から逃げずに、自ら克服した経験は、その人の強みになると思います。また、教えることから学びを得ることも多いです。一生懸命に学ぼうとする新人社員の気持ちに応えるためにも、私たち教育する側も成長するための努力を続けなくてはいけないと感じています。

■今後の目標は?

小泉:支店のことも本社のことも理解して、どちらも知っている立場だからこそ、見つけられる課題があると思います。よりフラットな、支店と本社の壁のない組織をつくるために貢献したいと思っています。

原田:業務の幅を広げて、自ら課題を見出し、それを解決するためのキーパーソンになりたいです。周囲の人たちに自ら働きかけ、会社全体がより良くなるよう中心となって動ける存在になりたいです。

興津:自分で問題点を見つけるということは、私にとっても課題です。今後は、自分の担当業務に限らず全体を見渡し、主体的に会社全体を動かせるような力をつけたいと思っています。

中山:会社の方針に沿って、自分の仕事を向上させることは徐々にできるようになりましたが、まだ成長は半ばです。今後は社内だけでなく、社会の動きなどにも意識し、より質の高い仕事ができるようになりたいです。

鈴木:若い世代が増えてきて、社内には活気があふれています。若い世代からも多くを学びながら、しっかりと彼らを導いていける先輩として仕事をしていきたいです。